できるだけ手術せず治療を目指す

高齢者の膝の病気(変形性膝関節症)と治療について」

変形性膝関節症は高齢者で起こりやすい病気と言われています。
その理由としては、1次性変形性関節症の原因からだと考えられます。


1次性の変形性膝関節症の明確な原因は不明とされていますが、繰り返し加わる器械的刺激によるいわば老化現象と考えられているからです。ちなみに、2次性のものは関節炎や関節の外傷、関節の形態異常等が原因となって起こるものです。


 病態生理としては、膝関節軟骨の摩耗・消失と骨棘形成を特徴とする進行性の関節疾患です。骨棘(こつきょく)は軟骨がすり減ることで骨と骨が直接ぶつかるようになり、その結果として小規模の骨折が起こってしまったり、骨の硬化が起こります。その骨の異常を修復する働きが過剰に起こり、骨棘というトゲのようなものが発生することがあるのです。


それが疼痛や関節の異常にも繋がっていきます。また、高齢者と変形性膝関節症の関係性として、高齢者では特にこの疾患の予防や治療が大切になってきます。変形性膝関節症により歩行能力が低下すると、生活の不活発にも繋がり、全身状態が悪化する恐れがあるからです。



次に、変形性膝関節症の治療については、保存的治療と薬物療法、外科的治療があります。また埼玉 リハビリというのもひとつの選択肢です。


各治療の説明

「保存的治療」は、
関節周囲筋の筋力訓練等を行い、膝関節にかかる負担を軽減し、状態の悪化を防いでいくものです。

「薬物療法」は、
疼痛や炎症が強い場合、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の内服や貼付、塗布剤を使用します。
また、ヒアルロン酸の関節内注射も薬物治療のひとつです。


「外科的治療」は、滑膜炎が強く、関節水腫を繰り返す場合などには関節鏡視下滑膜切除術が行われます。内側大腿筋脛骨関節軟骨の軽度変性には、脛骨外反骨切り術が行われ、高度の変形をきたしている場合には人口膝関節置換術が行われます。高度の変形で歩行能力等が著しく低下する場合、人口膝関節置換術により、疼痛が著名に改善されます。


保存的治療は変形性膝関節症とうまく付き合っていく為には欠かせないものであり、疼痛の軽減が可能ですが、一般的に軟骨の厚さを改善することはできないということは覚えておきましょう。予防、治療などに運動療法も組み入れ、正しく治療する為にかかりつけ医、理学療法士や作業療法士に相談すると良いでしょう。


変形性膝関節症ニュース・豆知識

その病気の事を知ったのは2008年に見ていたテレビ番組たけしの本当は怖い家庭の医学であった。変形性膝関節症チェックなるものを行ってみたところ全てのチェックにおいてひっかかった。これはまずいと病院で検査してもらい痛み止めをもらった。しかし待てども待てども痛みがひかず再度病院へ向かうと医師はこう言った。「薬が効かないとなるともう手術しかありませんね。」突然の告知に驚き考える猶予が与えられた。2009年母の勧めで芦屋 整体へ赴く。整体ながら最新の検査や治療技術を取りいれ評判だというのだ。2014年現在でも通っている。

同年、変形性膝関節症治療をする会に参加した。アカデミーの情報によると柏 整骨院をお勧めしているという。柏といえばそう遠くないが足の痛い私には辛い距離だ。変形性膝関節症の推定患者数は日本だけでも約700万人と推定されているが一体どれほどの医療機関が手術以外で完治できるのだろう。主に中高年におきると言われているが先日会合で合った少女は弱い二十歳前後であろうか。稀な故に治療法も限られる。

カイロプラクティックセンターはこんな見解を出している。

カイロプラクティックの治療で、関節腔を広げたり、関節の可動域をつけたりすることで軟骨への負担を減らし、大きく改善させることができます。またある程度筋力アップすると安定性が増し、大分膝を支えられるようになります。もちろん身体の体重を支える膝なので、体重の増加も大きな原因の一つとしてあげられるでしょう。もし中年になって体重の増加に思い当たりがあれば、普段の食生活を少し変えてあげると良いのではないでしょうか。

NO.114 変形性膝関節症とカイロプラクティック Case Studyより引用

変形性膝関節症治療・リハビリに関するお勧め(PR)

変形性膝関節症治療NAVI田中治療室川崎院神戸市の桜が丘整骨院
全国の変形性膝関節症治療に適応可能な治療院を探せるサイトです。川崎市川崎区にある整体院です。変形性膝関節症の治療・リハビリのご相談が可能です。神戸市西区にある整骨院です。他院で治らないと言われた症状でも、一度ご相談ください。