できるだけ手術せず治療を目指す

変形性膝関節症では、体重のコントロールが大切

変形性膝関節症と体重の関係はとても重要

変形性膝関節症では、予防や治療において体重のコントロールが重要です。


保存的治療においても体重コントロールは必要な項目であり、肥満は病気の増悪因子とされているからです


変形性膝関節症では関節の負担の軽減が必要であり、それには体重の負担も大きく関わります。そのため、歩くことが困難な状況であっても太り過ぎないように気をつけなければいけません。


目標としては標準体重(身長-100×0.9の数値)を維持すると良いでしょう。


すでに肥満の兆候がある場合は、生活習慣を見直し、健康的に痩せる努力が必要です。
また、それに伴い大腿四頭筋の筋力強化を行い、膝の安定性を得る運動をしていくことが望ましいと思われます。膝周囲筋力の低下及び肥満は変形性膝関節症で、大きな増悪因子と言えるので、病状が初期の場合は、このふたつに効果的な運動療法を日常生活内で取り入れると良いでしょう。


しかし、運動やダイエットで無理な運動をすると、膝に負担がかかりすぎ、疲労が残ると病状が悪化する恐れもあります。


もし適切な環境があるならば、運動やダイエットは水中で行うことをおすすめします。水中では、関節への負担も軽減した運動を行えるからです。


運動制限や可動域の制限がある場合、どう体重をコントロールするかは難しい所ではありますが、太りすぎず、痩せすぎない身体管理が必要になっていきます。必要ではあれば栄養指導を栄養士等に相談するのも良いでしょう。運動、ダイエットについても自己の判断だけで無理をするのではなく、かかりつけ医、理学療法士・作業療法士等に相談するのも良いでしょう。


変形性膝関節症治療・リハビリに関するお勧め(PR)

変形性膝関節症治療NAVI田中治療室川崎院神戸市の桜が丘整骨院
全国の変形性膝関節症治療に適応可能な治療院を探せるサイトです。川崎市川崎区にある整体院です。変形性膝関節症の治療・リハビリのご相談が可能です。神戸市西区にある整骨院です。他院で治らないと言われた症状でも、一度ご相談ください。