できるだけ手術せず治療を目指す

変形性膝関節症のリハビリテーション

変形性膝関節症治療ではリハビリテーションの知識も大事

変形性膝関節症では、急性期には安静が特に必要です。ですが、この病気と長く付き合っていく上ではリハビリテーションは欠かせないものです。


関節に負担をかけすぎないように、疲労を残さない程度で毎日運動を行うことを推薦します。筋力の低下は膝関節の萎縮をまねき、疼痛の原因にもなるからです。また、体重コントロールを行うことで、関節部への負荷の軽減を期待できます。


では、変形性膝関節症のリハビリテーションとはどのようなものがあるのでしょうか?

膝関節の安定性は、靭帯、半月板、関節包などの静的要素と、筋肉による動的要素によって生まれています。その動的要素に関わる筋肉として、半模様筋、膝窩筋、腸径筋等、大腿四頭筋等があるのです。特に、変形性膝関節症では大腿四頭筋に萎縮を起こすケースが多いので、気をつける必要があります。


萎縮を防いでく予防、そして治療として、今回はリハビリテーションのひとつの「大腿四頭筋強化運動」の方法をいくつか書いていきます。



このように、変形性膝関節症で有用な運動方法は数々あります。しかし、関節の負担を減らしていくのも大切な治療のひとつなので、運動をどのようなものを行うのか、回数や時間をどうするのかは、かかりつけ医や理学・作業療法士等に相談するのが良いでしょう。


変形性膝関節症治療・リハビリに関するお勧め(PR)

変形性膝関節症治療NAVI田中治療室川崎院神戸市の桜が丘整骨院
全国の変形性膝関節症治療に適応可能な治療院を探せるサイトです。川崎市川崎区にある整体院です。変形性膝関節症の治療・リハビリのご相談が可能です。神戸市西区にある整骨院です。他院で治らないと言われた症状でも、一度ご相談ください。