できるだけ手術せず治療を目指す

変形性膝関節症の筋力強化トレーニング

変形性膝関節症は筋力トレーニングで予防や改善が可能です。

変形性膝関節症では筋力の強化を行うことで病状の改善が期待できます。また、病状の増悪を防ぐ効果もあります。

これは筋力の低下は膝関節の萎縮をまねき、疼痛の原因にもなるためです。また、進行すると跛行(すり足のような歩き方)、になることや、靴下の着脱ができなくなることがあります。

注意点として、膝に負担をかけすぎないように、疲労が残らないように筋力のトレーニングをする必要があります。

筋力強化トレーニングは変形性膝関節症がどの程度進行しているかにもよって変わってきます。病院等で運動プログラムやリハビリテーションを行っている場合でも、症状や個人でその方法は様々です。特に、変形が末期で外科的治療(脛骨外反骨切り術・人口膝関節置換術等)が行われた場合は、しっかりと医師や療法士が定めたプログラムを行うことが大切です。

筋力強化では主に大腿四頭筋を鍛えることで膝の安定化に繋がり、疼痛を緩和させることができます。他にも、大腿直筋、中間広筋、外側広筋、内側広筋など太もも周辺の筋肉が重要な筋肉となっています。膝を伸ばす運動、太もも周辺の筋肉を鍛える運動をできるだけ毎日行うことで、確実に効果が現れます。運動方法についてはかかりつけ医や理学・作業療法士に相談すると良いでしょう。

運動を継続することは大変なことですが、行うことで治療・予防・悪化防止・疼痛緩和ができます。歩行能力を低下させず、運動制限や可動域制限を減らしていけるように、トレーニングを行うことをおすすめします。

変形性膝関節症治療・リハビリに関するお勧め(PR)

変形性膝関節症治療NAVI田中治療室川崎院神戸市の桜が丘整骨院
全国の変形性膝関節症治療に適応可能な治療院を探せるサイトです。川崎市川崎区にある整体院です。変形性膝関節症の治療・リハビリのご相談が可能です。神戸市西区にある整骨院です。他院で治らないと言われた症状でも、一度ご相談ください。