できるだけ手術せず治療を目指す

変形性膝関節症の鍼灸治療

鍼灸治療で変形性膝関節症を治すという選択肢

変形性膝関節症では、疼痛を和らげていくことは治療全体で重要なことです。痛みがあるまま、無理に関節を動かすことは大きなストレスにもなり、また場合によっては更なる関節変形に繋がることもあるからです。

日常生活での痛みの緩和、関節の負担の軽減、筋力の強化が治療では大切になってきます。今回は、疼痛の軽減に効果があると言われている「鍼灸治療」で、変形性膝関節症にどんな効果があるのかを説明していきたいと思います。

そもそも、鍼灸治療とは?

鍼灸(しんきゅう)治療とは、一般的に言われる針治療です。ツボや経路を針で刺激することによって、病気や体調変化にアプローチできる治療法です。医学的な行為ではなく、薬などを処方して病気を改善するものではないという事は知っておきましょう。

変形性膝関節症の鍼灸治療とは?

鍼灸治療では、変形性膝関節症の症状の痛み・疼痛等において大きな効果があると考えられます。鍼灸治療に期待できる効果は他にも、筋肉の緊張を緩め、筋疲労の回復を促すこと、内臓機能の調整、自律神経系の調整を行い全身の体調を整えることがあります。また、免疫機能の改善や、痛みの緩和としては関節の痛み、筋肉の痛み、神経痛等に効果があります。

変形性膝関節症では、発症初期から保存療法を行います。保存療法において鍼灸治療は大いに有用ではありますが、末期状態まで進行している場合は鍼灸治療の対象外になり、外科的治療(人口膝関節置換術等)が必要になります。しかし、末期まで進行させない予防という意味でも鍼灸治療は役立つものです。

臨床の現場においても、鍼灸治療を行うことで疼痛が改善され、筋肉の凝り、膝の伸展運動に著しい改善が見られたという報告もあります。鍼灸治療を行い、疼痛を緩和することで、運動療法、リハビリテーションも積極的に行えます。結果、末期の状態まで進行するのを防ぐ役割を担えるといっても過言ではないでしょう。薬やリハビリテーションだけで効果が満足に得られない時は、鍼灸治療を受けてみるのも良いでしょう。

変形性膝関節症治療・リハビリに関するお勧め(PR)

変形性膝関節症治療NAVI田中治療室川崎院神戸市の桜が丘整骨院
全国の変形性膝関節症治療に適応可能な治療院を探せるサイトです。川崎市川崎区にある整体院です。変形性膝関節症の治療・リハビリのご相談が可能です。神戸市西区にある整骨院です。他院で治らないと言われた症状でも、一度ご相談ください。