できるだけ手術せず治療を目指す

目的別で選ぶ変形性膝関節症のサポーターと注意点

変形性膝関節症では、関節の負担の軽減が治療を通して大切になってきます。そのために、関節の負担を減らすためのサポーター、もしくは弾性包帯の装着は有効な手段と言えるでしょう。今回は、そのサポーターについて書いていきたいと思います。

様々な種類のあるサポーター。一体どれを選べば良いの?

変形性膝関節症のサポーターといっても、サポーターには様々な種類があります。いわゆる「装具」と呼ばれるしっかりとしたものから、安価で入手できるものまで、形状は様々です。

注意すべきことは、「自分の症状や目的に合ったサポーターを選ぶ」ということです。歩く時や階段昇降での痛みを緩和させるためのサポーター、歩行のぐらつきや膝の不安定さを補助してくれるサポーター、歩行能力を補強してくれるサポーター、保温が目的のサポーター(変形性膝関節症では温熱での療法も効果的)などが変形性膝関節症で有効なサポーターだと考えられます。

特に、大腿四頭筋を補助してくれるものは大いに効果が期待できると思います。また、サポーターの形状だけではなく、その素材や軽さ、硬さ、簡便さ等にも着目してサポーターを選ぶと尚良い効果が期待できると思います。

サポーターは運動療法やリハビリテーション等の訓練時、日常生活でも着用していくことが多いと考えられます。その為に、装着の簡便さ、軽さ、固定したい部位、防止したい動きは何なのかを把握していく必要があります。

また、無理に自分の症状や身体に合っていないサポーターを装着すると、逆に症状や疼痛を増悪させる可能性もあります。不安な場合はかかりつけ医や理学・作業療法士に相談すると良いと思います。特に、変形性膝関節症が進行し、膝関節の変形を起こしている場合は自分で判断せずに、必ず医師の判断を聞きましょう。

変形性膝関節症治療・リハビリに関するお勧め(PR)

変形性膝関節症治療NAVI田中治療室川崎院神戸市の桜が丘整骨院
全国の変形性膝関節症治療に適応可能な治療院を探せるサイトです。川崎市川崎区にある整体院です。変形性膝関節症の治療・リハビリのご相談が可能です。神戸市西区にある整骨院です。他院で治らないと言われた症状でも、一度ご相談ください。